G-Suite kagoya お名前.comドメインのDNS設定

G-suiteでgmailを利用しつつ kagoyaのレタルサーバーを利用する場合のメモ

 

G-suiteの利用を開始したため、メールの利用をG-suteへ移管したい。

G-suteの手順を確認しつつ お名前.com側のネームサーバーを変更したら、 Kagoyaのサーバーに繋がらなくなったため

設定の見直しを行った。

 

結論「お名前.com上でkagoyaのネームサーバー入力の指定場所をDNS設定で行う。」

設定を間違えると、表示しないばかりか、DNSの反映のために 何時間も時間がかかる場合があるので慎重にやってください。

詳細

元の状態:

お名前.com側  ドメイン.navi  ネームサーバー設定→

こっちで設定してた。。

kagoyaのネームサーバーを直接指定していたので、設定が [その他]になっていた。 これを上と同じく [お名前.com]に戻す。

 

 

 

設定変更後の状態:

続いて、 DNS設定/転送設定を選択する。

DNSレコード設定を利用するを選択する

 

Kagoyaの設定の部分に サーバー情報を入力後述

G-SUITEの設定部分は変更なし

入力が終わったら、 DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認にチェックを入れて確認画面へ進むをクリック。

 

なお、Kagoyaのサーバー情報の表示はこんな感じ

[WEBサイト → サーバー情報]

 

まとめ

一度間違えて、しばらくページが表示されていなかったので、 後日のサーチコンをールを見るのが怖いです。

それにしても、 kagoyaもお名前.comも年々処理が遅くなっていくなぁ。

あと、Kagoyaの専用サーバーにnode.js入れたいんだけど、、、どうにかなりません?

 

 

 

 

 

koo

Java,PHP,Ruby,android,ios,C#,C++,python,vba,unity,sqlなんでも手を出しては挫折する系。電子工作はじめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です